箱なしティッシュで部屋をすっきり

ティッシュ子育て環境


最近、箱なしティッシュが流行ってますよね。
こういうのです。

参照:LOHACOより


ドラッグストアなどでも明らかに以前よりも取り扱いの製品数が増えていますよね。

流行っている理由としては

空になった箱を潰すのが面倒
・箱がない方がエコな感じがする
・ゴミを減らしたい

こんなとこかなと思うのですが、我が家はさらに一歩進めて、ハーフサイズを導入しています。

これです。

箱なしティッシュ

このハーフサイズの箱なしティッシュを使ってみると、使い過ぎ防止にもなるし、見た目もいい、場所もとらないなど、結構いいことずくめなので、紹介したいと思います。

ハーフサイズの箱なしティッシュがおすすめ

箱なしティッシュケース(ハーフサイズ)

我が家はこちらを各部屋に置いて使っています。

・ティッシュをつい2枚取る癖がある
・ティッシュ箱が邪魔だと感じる
・見た目を良くしたい

のような方に適しているかと思います。

ハーフサイズのいいところ(使用感)

一番いいのは、使い過ぎ防止になるところですね。

子どもがいると、ちょこちょこティッシュを使います。

ちょっと口を拭く。食べこぼしを拭く。鼻をとる。など・・・

子どものちょっとしたことに、普通サイズのティッシュって実は結構大きくてもったいない感じです。子どもにハーフサイズはちょうどいい。

他にも、こんな利点があります。

実際使用してみた利点
  • 見た目がすっきり
    →クリアケースなので、シンプルで机上にあっても気になりません。
  • 場所をとらない
    →コンパクトで邪魔にならない
  • 使い過ぎ防止
    →ちょっと拭くくらいならハーフサイズで十分。
  • 残量がわかりやすい
    →クリアケースなので、残量が一目瞭然。
  • 水回り(キッチン・洗面所)で使える
    →プラスチックケースなので、濡れても大丈夫。

中身のティッシュは?

ハーフサイズの箱なしティッシュの中身ですが、我が家はこちらを買っています。

しかし、ハーフサイズのティッシュはなかなか売ってないので割高になることが欠点です。

普通サイズのティッシュを包丁で半分に切って使う方法が推奨されているので、コストが気になる方はお試しください。

ただ、我が家も最初そうやってみたのですが、なかなかティッシュを上手に半分に切るのは難しいし、どうしても切断部が毛羽立ちます。
なので、ハーフサイズでティッシュを購入することにしました。

コストと見た目を両立したい場合は、ハーフサイズはちょっと諦めて、こっちの方がいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました