アルコールで床が白くなった時の対処法

床が白くなった時の対処法お役立ち

コロナ禍で、アルコールを使う機会が増えた家庭も多いと思います。

自宅の床をちょっと見てみてください。こんな白い汚れ?シミ?見たことありませんか?

床についたアルコールのシミ

実はこれ、アルコールの仕業なのです。

気づかないうちにこぼしたり、付着してしまったアルコールによって、床が白くなってしまうことは結構あります。

ということで、そんなときの対処法を紹介します。

アルコールで床が白くなったら

どうして白くなるの?

白くなる理由は、フローリングに塗られているワックスが、アルコールによって分解されてしまうからなんです。

つまり、床自体が変色したわけではなく、表面のワックスの状態が変わっただけということになりますね。

なので、ワックスを剥離して塗りなおせば解決!

ですが、ちょっとこぼして白くなっただけのところを、剥離してまたワックスかけなおすのは正直大変です。

そこで、部分的であったり、次回ワックスを塗りなおすまでのつなぎとして、今回の簡単な方法をおススメします。

ベビーオイルとメラミンスポンジを使います

用意するのは、ベビーオイルとメラミンスポンジ、拭きあげ用の雑巾です。
(オイルは食用でもいいですが、床に使用するので気持ち的にベビーオイルがお勧め。)

オイルとメラミンスポンジ
★それぞれの役割★
  • メラミンスポンジ → ワックスを取る(剥離剤の代用)
  • ベビーオイル → オイルでツヤだし(ワックスの代用)
TOCO
TOCO

結局やることは、剥離してワックスかけなおす作業と同じなんです。

身近にあるもので真似してやっているだけなのですが、次回ワックスかけなおすまでの繋ぎなら、これが意外とらくちんでいいです。

  • step1
    オイルをスポンジに塗布する
  • step2
    スポンジで変色部をこする
  • step3
    乾いたぞうきんで拭く

ビフォーアフターがこちらです。

簡単にきれいになりました。

ベビーオイルは子育て家庭なら、1本はありそう。

メラミンスポンジは、100均にもあります。

アルコールを使うときは気をつけよう

我が家はコロナ以前から、掃除にもアルコールをよく使っています。

特に、ガラス部分(窓ガラスや、扉のガラス部分、あと洗面所の鏡など)の掃除に使うのですが、気をつけていないとポタポタっと気づかないうちに床にアルコールをこぼしていることがよくあるんです。

でも、アルコールは無色透明ですから、こぼしたことになかなか気づかない。そして後日・・・あれ?何この白いシミ??となるわけです。

TOCO
TOCO

コロナも気になるし、色んなところをアルコールで拭きあげたくなりますが、変色してしまうものも多いので気をつけましょうね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました