引き戸やふすまが重い、引っかかる。そんなときにはシリコンスプレー!

シリコンスプレーお役立ち

前回、接点復活剤(スプレー)が家庭でとっても役に立つよ。という記事を書きました。

そんなこんなで、スプレー第2段(笑)!

「シリコンスプレー」

このスプレーもめちゃくちゃ役に立ちます。

シリコンスプレーの使い方

基本の使用例

  • りが悪い引き戸や窓サッシ
  • 家具の引き戸
  • カーテンレールの滑り
  • 椅子のキャスター

・・・など
使っていて滑りが悪いなとか、動きが重いなというところにはほぼなんでも使えます。

表面に滑りやすいシリコンの皮膜を作ってくれます。

我が家も築20年のおうちに住んでいますが、網戸の滑りや引き戸の滑りが気になりだしだらスプレーしています。スイスイ動き出して気持ちいいですよ。

直接スプレーしてもいいですが、上記のような人が通る引き戸敷居などに使うときはキムワイプやタオルなどに塗布してからピンポイントで塗るのがいいと思います。

なぜなら、スプレーされた部分がめちゃくちゃ滑ります!!廊下にスプレーがかかるとビックリするくらい滑るので、危険です。

TOCO
TOCO

私も横着して直接スプレーした後、滑って転びかけました(;’∀’)子どもとか走り回ると危険などで、室内はピンポイントでスプレーしましょう。

なんだかんだで、本当に色々使えるキムワイプは、一家の必需品!?

シリコンスプレーの応用例(シール、雪かきなど)

応用例がいくつかあります。

こどもがシールをよく貼って剥がすのに苦労する部分に塗っておけば、すぐにはがせるようになります。

釣りが趣味な方でしたら、リールの動きをスムーズにすることもできます。

あとは、雪かきのスコップに塗布しておけば、雪がくっつかないので作業がはかどりますよ。

動きが悪くなったから、「あー、買い替えないとダメだー」「経年劣化だから仕方ない」と思う前に、シュッと一拭きすれば意外とすんなりと動き出してストレスもなくなるかもしれないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました