【小学生の理科にピッタリ】庭のイモムシを虫かごで育ててみる

アゲハ蝶自然

我が家の庭に小さなスダチの木を植えているのですが、気づいたら虫がついて葉っぱが食い荒らされていました。

犯人はこの子です。

スダチの葉にいるアゲハ蝶の幼虫

そう、アゲハ蝶の幼虫です。

このままではスダチが枯れてしまうのですが、駆除してしまうのも可哀そうです。

そこで、餌となる葉っぱはミカン畑をやってる方から分けていただいて餌とし、虫かごでちょうちょになるまで飼ってみることにしました。

TOCO
TOCO

スダチも守られ、蝶の成長過程を観察する知育にもなって一石二鳥!

アゲハ蝶の観察飼育

数日観察していると、黒い幼虫が脱皮して緑の幼虫に変わりました。

アゲハ蝶の幼虫

しばらく、この緑色の姿でもりもり葉っぱを食べて成長していきました。

そして動かなくなり、サナギへ。

アゲハ蝶のサナギ

今回、全部で5匹くらい飼育していたのですが、どの幼虫もサナギになる前に葉っぱや木から移動して、プラスチックの網目の場所でサナギになりました。

蛹化する時に、体に帯糸をかけやすい場所や、暗くて死角になっているような場所を選んでいるのかなと思いました。(蛹になる前に移動する習性はあるらしいです)

どのサナギもおよそ10日〜2週間で羽化しました。
時間帯はだいたいバタバタしている朝方だったので、出てくる瞬間は見逃しましたが、みんな無事成虫になって巣立っていきました。

アゲハ蝶の模様は艶やかでありながら落ち着いていて親しみやすいように感じます。

こういった虫の模様や色は、きっと長い年月をかけて日本の自然の風景や風土を反映したものなんでしょうね。

蝶の模様のように、私たちの美的感覚や好みも、固有の風景や風土に囲まれて成長する中で深層心理に刻まれてきたものだと空想するとなんだか感慨深いものがあります。

肝心のこどもたちは残念ながらあまり興味がないようで、あまり気にかけて観察はしませんでしたが、

卵 → 幼虫(黒)→ 幼虫(緑)→ サナギ → 成虫(羽化)

の成長過程を知り、それぞれの形態を近くで見られたことはよかったなと思いました。

TOCO
TOCO

小学校理科3年でちょうの成長を学習するので、もし見つけたらお子さんと飼育観察してみてくださいね。

虫好きの子どもにおススメの昆虫図鑑

とてもよくできているDVD付き図鑑。昆虫好きの子には、おススメです。

ドラえもんのDVDはやっぱり子どもの興味をひきつけやすい。

カブトムシ・クワガタ大好きならこちらかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました