【小学生に便利!新学期準備にも】電動鉛筆削り 

鉛筆文具

子どもが小学校に上がると、毎日5~6本の鉛筆を尖らせてくるように学校から言われます。

毎日のことなので、「電動鉛筆削り」がオススメです!

TOCO
TOCO

我が家では入学前に購入した電動の鉛筆削り機を2年半くらい使っています。使いやすくて壊れる様子もないので、それを紹介したいと思います。

我が家のおすすめ電動鉛筆削り【ビュートンジャパン BV-6】

「ビュートンジャパン BV-6 」です。

聞きなれないメーカー名かもしれませんが、クリアファイルやバインダーなどの文具を主に手掛けるメーカーです。デザインがシンプルで良いなと思って選びました。

二色展開でBV-6が黒、BV-6Wが白です。我が家は白を選びました(撮影時の電球色のせいで、あまり白っぽく見えませんが、オフホワイトっぽい色です)

我が家の勉強机の天板は白なので、上に置くものはできるだけ白を使っています。
そうすると、物が置いてあってもごちゃごちゃに感じない気がしています。

製品の仕様

  • 外径が8㎜の普通の鉛筆と太めの10㎜に両対応で、芯先のとがり具合も調整可能。
  • コードレス
  • 耐久性の高いスパイラル刃を使用
  • 値段は2000円前後(リーズナブル)

使用した感想(およそ2年)

一日に8回は削っていると思うので、800日(約2年半)でおよそ6400回使った時点での状態です。

  • 削り歯の耐久性も高く、いまのところ変わりなくきれいに削れ続けています。
  • 削りカスも前面がパカっと開くので捨てやすいです。折れ芯もたいてい自然に出てきます。
  • なにより最大のお気に入りポイントはACアダプタでなく単三電池を使うところ(コードレス)です。
    →どこでも置けるし、机がすっきりです。
    →削りカスを捨てるときも本体ごとゴミ箱上まで移動して捨てることができるので、削りカスがそのへんに散らかることがありません

1か月に1回くらい充電していれば使えています。
電池がなくなってから交換したのは2年間で1回きりで、他は思いついたときに充電しているだけで事足りているので、面倒という感じはないです。

我が家では充電式の電池を使っています。
一か月で4本とすると年間で50本近くになっちゃいますからね。エコロジーということで。

鉛筆といえば、相方の消しゴム。こちらは汚れが目立たない「黒い消しゴム」の記事です。よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました