いざというときのモバイルバッテリー

IT

モバイルバッテリー持っていますか?
自宅にいれば使うことはほとんどないですが、あるととても便利なガジェットです。「便利」だけでなく、「いざ」というときにきっと役に立ちますよ。

いざというとき その1 (日常編)

急いで出かけなきゃけないけど、スマホが充電できてないー!

ありますよね。

例えば動画再生したまま寝落ちしてしまったとか・・・。

TOCO
TOCO

子どものいる家庭だと、帰宅してバタバタして、かばんからスマホを出し忘れそのまま次の日の朝出るときに気づく!なんてこともありがち・・・

または、子どもと一緒に外出中。子どもが動画やゲームに使って、さてさていざ自分が使おうとすると、「Oh!No!充電がなーい!」なんてことも・・・。

あんなときもこんなときも、モバイルバッテリーがあるとすごく便利です。
スマホとケーブルと一緒に持ち出すだけで、カバンの中で充電してくれます。

最近の製品はバッテリーの自然放電も少ないので、本当にいざというときに役に立ってくれます。

いざというとき その2 (お仕事・作業編)

カフェにラップトップを持ち込んで仕事や勉強。
あともうちょっとで終わるのにバッテリーが切れるー!

あとちょっとバッテリーを延命してくれます。

最近のラップトップはPD(Power Delivery)対応でUSB TypeCで充電できるものが増えてきました。
これだとACアダプタを持ち歩かなくてもUSB Type-Cケーブル一本で給電可能です!

ACアダプタを持ち歩く代わりに、モバイルバッテリーとケーブルを持ち歩けば、いろんなものに給電できるので汎用性高いですよね。

同じように重くなるならモバイルバッテリーを持ち歩く方が賢い!

いざというとき その3 (災害編)

本当にいざというとき、それは停電です。
最近、毎年のように全国どこかで大きな災害が起きています。

ポータブル電源を持っておくと、いざというときに、スマホやWifiルーター、コンピューターなどに給電可能です。

ポータブルバッテリーはモバイルバッテリーよりも大きなバッテリーを持っていて、AC100Vが使える製品を言います。テレビをつないだり、小型の冷蔵庫や暖房器具なども短時間であれば使えます。

あと防災的に効果を発揮するのが、電気毛布です。
エアコンがつかえなくても、ストーブがなくても、電気毛布さえあればなんとか体温を保つことができます。
電気毛布なら500whで10時間くらいは使えます。

ほんとうにいざというとき命を救ってくれるかもしれません。

備えあれば憂いなしです。

おすすめの製品は、定期的に見直して更新していきますので、参考にしてくださいね。

【2021年6月最新】おすすめのモバイルバッテリー/ポータブルバッテリー


最近、Amazonからモバイルバッテリー製品が充実していたRavPowerの製品を始め、複数のブランドが削除されました。

TOCO
TOCO

Amazonレビューの規定違反があったようです。

AmazonがAukeyやMpowに続けてRavPowerの製品も削除
2021年6月16日頃、スマートフォン用アクセサリーなどを取り扱うブランド「RavPower」の製品が一斉にAmazonから姿を消しました。Amazonは理由を発表していませんが、Amazonで相次ぐ不正レビュー問題が根底にあるとみられています。

そこで、現在(2021年6月)おすすめできる製品をピックアップしてまとめました。
参考になれば幸いです。

・モバイルバッテリー 小型

PD対応では最軽量クラスなので、かばんに入れて持ち歩いても気にならない。
大抵のスマホより軽いです。iPhoneを2回充電できる容量があります。小旅行なら十分かも。

・モバイルバッテリー 大型 PD 60W対応

さすがに少し重いですが、PD60Wに対応し、Mac Bookなども充電可能です。
MacのACアダプターの代わりに持ち歩くと考えれば、トレードオフです。

・モバイルバッテリーへの充電器

モバイルバッテリーを充電するためのACアダプター
もちろんこれだけでMac Bookなどを充電することも可能です。

たくさんポートがついているものもありますが、値段が高くなるのと、合計で使える容量は決まっているので、ポート数が少なく安いものを複数持つ方が利便性が高いと思います。

Type-C x2ポートがよいか、Type-CとType-Aの組み合わせの方がよいか、お使いのデバイスによって選択してください。

いやいや、1台でとにかく全て充電したいのだという方にはこれ。
合計100Wまで対応で、3ポート以上の製品のなかでは比較的安定して使えているというレビューが多いです。
※ PPS(Programmable Power Supply)の対応はポート2のみ

・ポータブル電源

防災として持っておくのもいいですし、アウトドアにも使えます
色の種類もたくさんあるので、好みのものが見つかるはず!

モバイルバッテリーの注意点(発火などを防ぐ)

とても役に立つモバイルバッテリーですが、発火や発熱といった事故が起きているのも事実です。

モバイルバッテリーのほとんどは、衝撃・熱などに弱いリチウムイオン電池が使われています。

ですが、扱い方に気をつければ、安全に便利に使えるものです。特に以下のことに気をつけて使用しましょう。

  • 落とさない(衝撃を与えない)
  • 圧力をかけない(上に重たいものを乗せない)
  • 熱をかけない(熱い車内に放置とかは危険!)
  • PSEマークがついている製品を使う(安全性基準を満たしている電化製品であることを示す)

自宅では、以前紹介した「防湿庫」に入れておくと、より安全です。適温・適湿で、衝撃・落下の心配もありません、ただ、次の日に持っていくのを忘れないように気をつけて!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました