【ロジクール ERGO M575】の使用レビュー、M570tとの比較も。

ERGO-M575のレビューIT

トラックボールマウスを使い始めてから、トラックボールマウス以外はできれば使いたくなくなってしまった主婦TOCOです(笑)

トラックボールマウスの良さや、子どもにもおススメできる点など、現在使用中の【ロジクールM570t】を使って何度か記事を書いてきました。

我が家愛用中のLogicool(ロジクール)トラックボールマウス【M570】は2010年に発売されて以降、世界中でユーザーを増やしつつも、この10年アップデートがありませんでした。(マイナーアップデートはあり)
それほど、発売当初から工学的にも設計がきちんとなされていた完成度の高いトラックボールマウスであったことが伺えますね。

そんなロジクールのトラックボールマウスが2020年11月にアップデートされて発売されました!

【ERGO M575】です。

今回はM570を長年愛用してきた私がM575をレビューしたいと思います。

ロジクール ERGO M575 レビュー

M575のアップデート点(M570との違い)

注目すべきアップデート点(使用感含む)はこちらです。

Bluetoothに対応した
今までのM570tはUSB Type-A専用ドングルなので、MacbookなどのようにUSB Type-CのみのノートPCでは使えませんでした。
しかし、今回のM575はBluetoothに対応したのでMacbookなどでも使うことができるようになりました。
もちろんUnifying USBレシーバーも付属しているので、どちらでも使用できます。

★カラバリが増えた
M570はブラックのみでしたが、M575はブラック・グラファイト・オフホワイトの3色展開です。我が家はホワイトを購入しました。ホワイトのキーボードにはやはりホワイトのマウスを合わせたい!

センサーが変わった
センサーがレーザー式からオプティカル式に変わりました。より精確なカーソル動作と低い電力消費を実現しているそうですが、正直今までも全く不満に思ったことがなかったので変化としてはあまり感じられなかったです。
とはいえ、M570とM575のデフォルト解像度が約400DPIなのですが、M575はやろうと思えば2,000DPIまで高くできるってことです。大は小を兼ねるってことで、オプティカル式に変わって損はなさそうですね。

見た目がちょっと変わった
M570より少し大きくなって、傾斜がつきました。私(女性)や子どもは大きくならない方がよかったといえばよかったですが、特にこちらも変わりなく使えている感じです。

我が家の買ったM575

我が家は、今回新たなカラバリとして加わったホワイトを購入しました。

ロジクールトラックボールマウスホワイトM575

パッケージのデザインも素敵。

なぜホワイトを購入したかというとホワイトのキーボードに合わせたかったからです。

M575の使い心地

M575とM570の比較
左:M575 右:M570t

M570とM575の使い心地ですが、差はなし!ですね。

写真だとわかりにくいですが、M575(white)の方が若干大きいです。
でも、それに合わせてボールの位置もやや変わっているので、使いにくくなったことはないです。(私のような女性や子供にとってはサイズ感はM570の方がよかった気もしますが、特に問題なく使えています)

トラックボール部分のお手入れ方法も同じで、トラックボールの滑りが悪くなってきたらボール部分を取り外して埃を掃除します。

M575とM570のお手入れ比較
左:M570 右:M575

ちょっとだけM575の方が掃除しにくくなった?ような気はしてますが、カラーがホワイトになって埃が目立つだけかも(差異なし)。

カラバリが増えたのが一番のポイント

機能や操作的には、10年アップデートがないほど完成されていたマウスなので、正直そんなに変化はなかったというのが感想です。

しかし、今回のアップデートで私が一番だと思うのは「ホワイト」のカラバリが追加されたこと。

男性だと、部屋やデスク周りは結構黒で統一されてたりしますよね。

でも女性・子供部屋デスク周りやリビングは白で統一してる方多いんじゃないかな?と思うんです。

我が家はちょっと多すぎるくらいパソコンがありますが、モニター・ヘッドフォン・キーボード・マウスも黒で揃えている場所と、白で揃えているところがあります。
ところが、白で揃えたいけどトラックボールマウスは使いたくて、そこだけずっと違和感あったんですよね。。

それが、今回この通り、それぞれの色で統一することができました、万歳!!

やっぱり色は揃った方が気持ちいいですね。トラックボールの青は目立ちますが(笑)

TOCO
TOCO

お気づきの方いるかもしれないですが、私はM575のラメ感の強い水色がちょっと苦手、ということで、M570についていたボールと交換して使っています(M575購入するとボール部分は購入ページの水色(ラメあり)です。

なんと、ボール部分だけ別で販売されていました。こちらはロジクールの製品ではありませんが、M575やM570に互換性があるものだそうです。

ボール部分の色を自分好みに変えて遊んでみるのもいいかもしれないですね。

保障期間は?

ロジクールのトラックボールマウスの保証期間は2年間です。

かなり長い!

我が家も期間内にマウスの不具合があったときに、サポートに連絡したことがありますが、めちゃくちゃ対応がいいです。そして、新品のマウスと交換してくれました。

こういったサポートが手厚いのも、ロジクールマウスを使いたくなる理由の一つですね。

M570とM575どっちがいいの?

結局、私的には使ったみて差はなかったので、どちらでもいい。どちらもおススメです。

あとは、個人の色の好みであったり、予算であったりで選んでみてくださいね。
(でも型番変更が入ったので、M570は在庫がなくなったら終わっちゃうかもしれないです)

   

性能とデザインの両方でおススメできるトラックボールマウス

以前の記事でも書きましたが、トラックボールマウスは子育て家庭にこそおススメしたいものです。

そんなロジクールのマウスがカラバリでホワイトを追加してくれたから、鬼に金棒ですね。
インテリア的にも邪魔しないマウスだと思います。

白でデスク周りを統一されたい方には、ヘッドフォンなども白で統一したらバッチリですね。これは我が家のお気に入りヘッドフォンです(子どもが使用中)

AKG  K701をサウンドハウスでみる

ヘッドフォンを含む、子どもに最適なweb環境の記事は色々と関連がありますので、よかったらどうぞ。

コメント

  1. TOCOTOCO より:

    コメントありがとうございました。
    前機種570tを使っている方でしたら、特に買い替える必要はないかなというのが正直なところです。
    私はデスク周りを白で統一したかったので、カラバリ追加と値段も前機種と変わらないくらいだったので購入しました。
    ブログ記事が参考になって嬉しいです。

  2. a より:

    前機種を使っている方の率直なレビューでとても参考になりました
    570で不満がなければ当面買い換えなくてもよさそうですね

タイトルとURLをコピーしました