英語絵本の読み聞かせで、子どもを英語好きにする(0歳~小学生向け)

英語絵本の読み聞かせ英語

これからの時代、子どもには英語を好きになってもらいたい。
英語嫌いにしてしまって、将来の選択肢が少なくなることは避けたいところです。

子どもを英語好きに育てた家庭には

・親と子どもが一緒に英語を楽しんでいた
・子どもがいつも英語に触れられる環境を与えていた

という共通点があるそうです。

反対に英語嫌いにさせてしまった家庭で多いのは

・英語学習の強要

だそうです。

とはいえ、親自身が英語が得意でない場合どのように親子で英語に親しめばいいか悩みますよね。

そこでおススメしたいのが、英語絵本の読み聞かせです。

絵本の読み聞かせが、子育てにおいてとても重要だという話は子育て中の方の大半は聞いたことがあると思います。

私も子どもが生まれてから、読み聞かせだけは毎日ずっと欠かさずに続けています。

そこで、日課にしている読み聞かせの1冊に英語絵本を混ぜ込むのです。

英語絵本の読み聞かせ

親の声で読み聞かせをしよう

自身が英語が得意でないと、読み聞かせ時の発音などが合っているか気になって、逆に子どもに悪影響なのでは?と心配ですよね。

でも、思い出してください。

まず小さい時に大切なのは、正しい英語の強要ではなくて、「親子で一緒に英語に親しみ、英語を好きになる」ことでしたよね。

子どもは、お父さんお母さんの声がいちばん安心できるのです。
だから、あんまり発音とかにこだわらずに楽しく読む!ことを意識しましょう。

読み聞かせの時間が楽しいものになれば、毎日続けられ英語に触れる時間数が増えます、効果は急がず「楽しい読み聞かせのついでに英語」くらいの気持ちですよ。

私も発音には全く自信がないですが、子どもの方が成長し、英語ができるようになってくれば「ママ、そこ発音違うよ」と教えてくれます(笑)

とはいえ、読み聞かせ音声CDがついた絵本もたくさんあるので、CDをかけながら一緒に絵本をめくるのもいいと思います。

どんな英語絵本がいいのか(我が家の場合から)

0歳~年少さん向け

幼稚園(年少)くらいまでは、色がきれいだったり、面白いフレーズが繰り返し出てきたり、仕掛けのある本などを気にいって見ていました。

我が家で特に子どもたちにが好きだった英語絵本の写真を以下に載せておきます。

例えば、「Yummy Yucky」という本の場合、私がめちゃくちゃおいしそうな表情で「Yummy(やみぃ~)!!!」と言ったり、苦しそうな表情と声で「Yucky(や・や・やきぃぃ~)!!!」と言うと、子どもは勝手に絵本のイラストと親の表情・声から「おいしい」とか「まずい!!」とか理解します。yuckyな食べ物は、正直食べ物ではないものが多くて笑えます(笑)


「BABY NUMBER BOOK」は1番最初に買った英語絵本で、0歳の時から何回も読みました。
と言っても動物の数に合わせて隣に数字が書いてあるだけで「One(1)」「Two(2)」と言うだけのウルトラ簡単英語絵本(もはや英語絵本なのか?という気もしますが(笑))。
でも、この絵がリサラーソンでとっても可愛いし、色合いがセンス良すぎて、子どもと一緒に大好きな本になりました。
ちなみにそのせいか、うちの子供はまず数字は日本語より先に英語で話しましたよ(笑)。


「Alphabet ice cream」はアイスクリーム大好きな次男が表紙で好きになりました(笑)例えば「B」のページだと「Butterfly(蝶々)」「Bat(こうもり)」のように、ページごとにその音で始まる生き物や食べ物がイラストで描かれており、見つけるのが楽しい本です。

英語絵本

このような仕掛け絵本もとても気にいっていました。

両方とも「The wheels on the bus」「Twinkle Twinkle little star(きらきら星)」という歌絵本ですね。

「The wheels on the bus」は、タイヤや窓部分に穴が開いていてめくると違う表情になります。


「Twinkle Twinkle little star(きらきら星)」はライトや目の部分に穴が開いています。歌絵本なので、子どもも歌を覚えたら、一緒に歌いながらめくれて楽しいです。

年中さん~小学生向け

幼稚園(年中~)くらいだと、日本語で読んだことがある絵本の英語版を読んでやるのも面白いと思います。

「たろうのおでかけ」という絵本はこんな感じで日本語版(下)と英語版(上)があります。

英語絵本と日本語絵本(たろうのおでかけ)

日本語の絵本を先に読んでいれば内容はわかるので、英語版でいちいち訳す必要もないし、絵でストーリーが追えれば問題ないと思います。(英語版は日本語の直訳にはなっていないです)

我が家では「そらいろのたね」「ぐりとぐら」シリーズの日本語版が大好きだったので、日本語版を何度も読んだ後に英語版を読んでやると、子どもたちも内容がわかるので英語でも嫌がらずに楽しんでみていましたよ。

個人的には「なにをたべてきたの?(white piggy what did you eat?)」という絵本が色合いなどがきれいで好きです。

英語絵本はどこで手に入れる

赤ちゃん~年少くらいの読み聞かせに使う英語絵本は、購入してもいいと思います。

とにかく同じものを繰り返し読みたがることが多いですし、英語絵本は本当に色彩センスがよくてオシャレなものが多いので、絵本卒業した頃にインテリアとして記念に飾っても素敵です。

あとは、図書館を利用するのがおススメです。

私もだいたい日本語の絵本と一緒に、英語絵本も図書館で借りることがほとんどです。

図書館にもCD付の絵本もありますし、例えば幼稚園児におなじみの「ぐりとぐら」シリーズの英語版はだいたい図書館に行けば置いてあると思います。

子どもが気にいって繰り返し読みたがるような本を見極めてから、誕生日などにプレゼントとして購入するのもありかもしれませんね。

親子で読み聞かせを通じて英語に親しもう

英語に親しむ方法としては他に、

・家庭内機器のインターフェイスを英語にする
・ゲームやアニメを英語で見せる
・英語のCDを車でかける

などを、我が家でも実践中ですが、絵本の読み聞かせが一番親子の関わりが深く幼児期にはおススメかなと思います。

英語苦手なお父さんお母さんも子どもの絵本レベルの英語なら、大丈夫!事前に少し練習しておいて、子どもの前でかっこよく読んであげましょう。

TOCO
TOCO

好きになってしまえば、そこから英語教室なり、オンライン英会話なり、留学なり、子どもの望む方法で英語力を伸ばすサポートをしてあげればいいですね。

どんな絵本を選んだらよいかわからない場合は、厳選された英語絵本が毎月届くシステムを利用するのもありかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました