新型iPad mini USB-C搭載で買いデバイスに昇格!

新型iPadminiにUSB-C搭載IT

9月15日にApple発表会がありましたね。

我が家は現在Apple製品は使用していません。(昔はiphoneを使ったり、iMacやiPadを使っていた時期もありましたが、現在はWindows・Androidユーザー)

Apple製品は素晴らしいのですが、お値段が高いのと、接続端子がApple独自のものであるために、自分の持っているデバイスと接続できなかったりで、わざわざ買う気になれなかったのです。

でも、先日のApple発表会でApple製品「i Pad mini」が我が家の買いデバイスに昇格したのです!

TOCO
TOCO

なぜでしょう?

その理由とは・・・。Appleユーザー以外の方(子育て家庭)も必見です。

なぜ新型iPad miniが買いデバイスなのか

iPad mini Wi‑Fiモデル 64GB - パープル
All-new iPad mini, with the A15 Bionic chip. Free returns and free delivery available. Buy now at apple.com.

子どもにSwiftでプログラミング学習させたい

我が家の子どもたちは家庭で、幼稚園~小学校低学年のうちは「Code Studio」でプログラミング学習を進めていました。

Code.org - Learn Computer Science
Anyone can learn computer science. Make games, apps and art with code.

「Code Studio」は、無料で4歳からのコースもあり、子供が好きなマインクラフトやアナ雪などのキャラクターが出てきたりでゲーム感覚でプログラミングの基礎が学べます。

でも、長男は4年生になり、もう少しプログラムでアプリ開発だったり、ちょっと高度な学習ができたらいいなと思っていました。

そんなとき、こどもに一からプログラム学習させるんだったらSwiftがいいな~と思っていたわけです。

Swiftとは、、Apple社のiPhoneアプリなどを開発するための言語です。

それを学習するアプリ「Swift Playgrounds」をやりたい(やらせたい)と思っていたのですが、そのためにMacを買うのは高すぎると躊躇っていたのですが、iPadmini6くらいの値段ならあり!

Swift Playgrounds
Swift Playgroundsは、楽しくインタラクティブな方法でSwiftのコードの書き方を学べるiPadとMac用のアプリケーションです。アプリケーション上で直接ロボットやドローンを動かすプログラムを作れます。

どうしてSwiftなのかというと、作ったアプリを動かす環境として、iOS以上のものはないなと。半分の人がiPhoneを使ってる国は日本だけですから。

アプリを作ったら、まずは友達に使ってみてもらって自慢したいじゃないですか。そうすると学習満足度という意味でやっぱりSwiftでつくるべきだなと。

それは確かにそうだけど、うちはWindowsユーザーだし、Androidだから、MacもiPadもそもそもいらないんだよなー。という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

iPad miniに、ついにUSB-Cが搭載された

そんな中、9月15日のApple発表会で登場したばかりのiPad miniについにUSB-Cが搭載されたのです!

もちろんiPad ProやAirにはすでにUSB-Cが搭載されていたのですが、あんま使わないのに、高いし、大きすぎるな~と思っていたので、この新型miniは渡りに船なのです。

旧型のiPad miniはiPhoneと同じく接続端子はLightningでした。が、ついに新型iPad miniにUSB-Cが搭載!

USB-Cが搭載されて、使い方の自由度が高まる

USB-Cが搭載されると何が良いのか、それはUSB-C Hubを使って外部ディスプレイやマウスやキーボードが自由につなげる点です。

今年に入ってiPadでSwiftの開発環境が利用可能になりましたが、さすがにiPadだけでコーディングするのは快適とは言えません。

アップルの「iPadOS 15」、iPadだけでアプリを開発・App Storeへ公開できるように
 アップルは、今秋提供するiPadOS 15の新機能のひとつとして、iPad版「Swift Playgrounds」において単体でアプリを開発、公開する機能を発表した。

今回の新型iPad miniならば、外部デバイスにつないでコンピュータのように使いつつ、作ったアプリをiPadで動かして確認するという両方ができるようになるわけです。

わが家がこの新型iPad miniが欲しい理由は「子供にSwiftでプログラミングさせたいから」なので、こどもが使うということを考えても、小さくて、軽いのはメリットです。

こどもは手が小さいので、大きくて重いものは落とします。そして重いものほど、落とした時に壊れる可能性は高いのです。

見てください!USB-C端子があるだけでなく、周辺機器としてUSB-C HUBが選べるようになっています。

USB-C HUB

もはや我が家、買わない理由がなくなったというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました