こどもの手になじむコンパクトなゲームパッド

子どもにもちょうどいい小さいゲームパッドゲーム


ビデオゲームが子どもだけのものでなく、大人も興じるものになってから久しいですが、ゲーム機のコントローラーというのはどんどん大きくなっているように思います。

スイッチのジョイコンは小さいですが、プロコンは大きいし、XBOXのコントローラーも大きいです。

コアゲーマーが大人になったという影響が大きいのでしょうね。

そういったわけで、小さい子が本格的なゲームをやろうとしたときに、コントローラーが大きすぎるという問題があります。

そこで、最近我が家の次男(6歳110cm程度小柄)が使っている小さいゲームパッドを紹介します。

子どもの手に馴染みやすい小さいゲームパッド

8BitDo M30 Bluetooth Wireless GamePad

Bluetoothまたは、USB接続で使用できるこちらのゲームパッドです。

8BitDo M30 Bluetooth Wireless ゲームパッド

Nintendo Switch/レトロフリーク/Windows 7/8/10/macOS(10.7以降)/Android(4.0以降)と、多機種で使用が可能です。

有線接続用のUSBケーブル(Type-A⇔Type-C)がついてきます。(うちはBluetoothで使用中)

子どもの手が痛くなりにくく、操作しやすい

右手スイッチが4ボタンでなく、6ボタンの昔のセガを思わせるコントローラーです。

これ小さくて、子どもの手になじみます。サイズは昔のスーファミコントローラーくらい?

そして、左手の十字キーが連続しているので、手が痛くなりにくいのです。

そして手が小さいとLRが2種類あると、とっても押しにくいのです。

LRの一つをボタンに割り上げることができるので、子どもでも操作しやすいのです。

格闘ゲームに向いている

それから6ボタンなので、ゲームセンターにあるアーケード機のように、格闘ゲームにも大変向いています。
十字キーが連続しているので斜めの入力がしやすい!

例えばSwitchでファミコンとスーファミのゲームができますが、このあたりの2次元ゲームはこのようなジョイコンがない6ボタン仕様のゲームパッドが向いているかもしれません。

わが家では現在こちらのゲームパッドを使って、小学一年生の次男と主人がストリートファイターVをやってます。

Bluetoothでもつながるし、設定が面倒だという人も安心、USBケーブルで一発でつながります。
大人はデュアルショック4を有線接続して子どもと対戦しています。

Steamのタイトルでも、キーボードよりもゲームパッドが向いているゲームもあるので、これを一つ持っていると重宝します。

これからの人は、キーボードの扱いももちろんですが、ゲームパッドの扱いにも長けてないと、デバイスを扱えない世の中になりそうです。

ドローンの操作はいうまでもなく、アメリカの大規模農作業などはまるでシミュレーションゲームです。

これから工場内の設備もヘッドマウントディスプレイを装着して、コントローラーで操作するものが増えると思います。

そういった意味で、コンピューター用キーボード、ピアノキーボード、ゲームパッドはインターフェース三種の神機と言えるかもしれません。

このうち、クリエイティブだけでなく、オペレーターとしても必須のスキルとなる筆頭がゲームパッドだと思います。

もちろん、与えるゲーム選びは親が一緒に考えながらやるのが鉄則です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました