シンプルで飽きのこないお茶ポットで、毎日のお茶作り

お茶の入ったガラス容器食器

子どもが小学校や幼稚園に通い始めると、毎日500ml~1Lの水筒にお茶を持っていくようになりますよね。

さらに、夏はお茶を飲む頻度も多く、皆さん自宅でたくさんお茶を沸かされていることと思います。

お茶を冷蔵庫で冷やしたり、保存するときに使うお茶ポット(麦茶ポット?なんというのが正しいのかしら??)。

プラスチック製にガラス製、中にはペットボトルを再利用して・・・など、使われている方も多いと思いますが、我が家が2年前から使用しているお茶ポットが優秀なので紹介したいと思います。

iwaki(イワキ)のスクエアサーバー

iwakiとは?

iwakiはAGCテクノガラス株式会社の耐熱食器ブランド名です。

AGCテクノガラス株式会社は、電子・光学・半導体など工業用のガラス製品や理化学用ガラス製品(ビーカーやフラスコなど)を扱う、130年以上歴史のあるガラス製造メーカーです。

スクエアサーバーのいいところ

我が家が使っているお茶ポットは「iwaki スクエアサーバー」です。

 

  • 角型がシンプルでスタイリッシュ、飽きがこない
  • 冷蔵庫のドアポケットにちょうどおさまる
  • 耐熱ガラスなので、熱いお茶を入れても大丈夫
  • 底まで手が入って洗いやすく、衛生的
  • 安っぽく見えないので、来客時にも使える

と、我が家では高評価

2年間使っていますが、壊れることなく、子どもたちも上手に使って自分で注いでいます。

我が家での使い方

毎朝、学校用に500mlの水筒を2本準備する必要があります。

学校用や普段飲む用に、ルイボスティーと水出し緑茶を作っています。

使用しているのは、スクエアサーバーの1Lタイプを2本です。

こんな感じで、1本には夜沸かして作ったルイボスティーを入れて冷やしておいて、もう1本には茶葉(水出し緑茶)を入れて浄水を注いでおくだけ。

500mlの水筒2本にちょうどこの1本分(ルイボスティー)が入ります。

水筒に入れて空になったら、もう一度お茶を作って夕方の帰宅まで冷やしておく感じですね。
耐熱なので、沸かしたお茶もすぐに入れておけます。

1Lの水筒を持っているお子さんのおうちなら、1人に1本ということになりますね。

冷蔵庫のドアポケットに入れていますが、牛乳や野菜ジュースのパックと同じ四角いフォルムなので、とても納まりがいいです。

おススメのお茶(余談ですが・・・)

我が家は私が妊娠してから、ずっと大人も子供もルイボスティーがメインです。

ルイボスティーはノンカフェインで、渋みも少ないので子供にもとてもおススメです。

ルイボスティーには、いろいろと美容効果とか健康効果が謳われているみたいですが、そのあたりは省略します。

もうかれこれ10年間飲んでいるので、ハウスディリーティーになりました。

急なお客様が来た時にも、さらっと冷えたルイボスティーを出すと「わぁ、ルイボスティー♪」と喜ばれます。ルイボスティーは紅茶のように色が華やかですからね。

なのに、ルイボスティーってとってもお安いのです(これも続く理由ですね)。
あと選ぶポイントとしては、「オーガニック(有機)」のルイボスティーがいいと思います。

おススメのルイボスティー

とっても安い(約13円/1回分)。コスパ最強です。


・こちらは水出しOKです。浄水注いで朝には冷えたルイボスティーが出来上がり。


・ちょっと特別な時に(パッケージもおしゃれ)。妊娠中の友達へのプチプレゼントに。

TOCO
TOCO

iwakiのスクエアサーバーは四角いフォルムなので、無駄になるスペースができません。毎日頻繁に出し入れするものだから、なるべくストレスなく使えるものがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました